キャミソール画像と多種多様なキャミについて

キャミソール は上半身用の 女性用下着 であると共に上着(上衣)でもあります。本来は下着であったものが、 下着 風ルックの流行を経てアウター化し、上着としても認知されるようになりました。 キャミソール は英語では[ Camisole ]と表記します。 キャミソール の形状の特徴として、胸口のラインがバスト上部で水平にカットされていることが上げられ、これを キャミソール トップラインと言います。しかし、ブラジャーの形状のように胸口のラインが山がたのものも存在し、これも キャミソール と呼ばれています。

着丈の長い短いは別として キャミソール の全体形状は スリップ と酷似しており、 スリムウォークキャミソール に至ってはその機能まで スリップ そのものです。よく海外セレブなどがセレモニーの会場でクビの後ろで結んだ二本の細いヒモだけで吊るされたドレスを着用しているシーンを目にすることがあります。いわゆるホルタ-ネックと呼ばれるものですが、必然的に肩と背中はすっかり露出されるというドレスで、ベアバック仕様のスリップといえるのですが、これもまた キャミソール と呼ばれます。本来下着でありながら、アウターとして着用する際に肩の露出が際立つものが キャミソール と命名されるようです。

下着としてのキャミソールの着丈には、短めのものが多く、腰部・ウエスト部までのものがほとんど。これに対して、上着(アウター)としてのキャミソールには キャミワンピ ないしは キャミソールワンピース と呼ばれる一般的なワンピースの着丈のものまで様々です。

スポンサーリンク

神姫PROJECT R

神姫PROJECT R

キャミソール の 下着 機能 とその分類

下着 ( インナー )としての キャミソール は インナーキャミソール と呼ばれ、肌着 ないしは ランジェリー として区分されます。 下着 としての キャミソール について、その用途と機能を見てみましょう。 ランジェリーとして要求されるのは肌触りやフィット感です。そのために繊維にはナイロン・ポリエステル・キュプラなどが用いられます。

さらに 魅惑のランジェリー としての繊細さを 光沢感 や 透け感 に求める必要があり、この場合、チュールネット・ジョーゼット・サテンなどの素材が用いられます。 肌着 として求められるのは 吸汗性 と 保温性 です。これにはリブ、スムース、フライスやストレッチ天竺等が使われます。なお、 キャミソール の中には、腹部において ガードル のような 補正下着 の役割をもつものがあり、一部に パワーネット が使われたりします。

キャミソールの下着としての分類について

キャミソール の分類の仕方に上記とは異なる見解があります。 ランジェリーの 通販 サイトでも、ショップによって見解が異なり、 スリップ だと思っていたものが キャミソール の名称で販売されていたりします。いわゆる着丈が短い、いわゆる ミニスリップ 全般のことを キャミソール と呼ぶ場合があります。生地を肩からヒモで吊るさずに、身ごろが肩からの スリップ であっても、この場合は キャミソール と呼んでいます。このことは購入の際の留意点と言えましょう。

キャミソールという下着の種類

下着としてのキャミソールの種類を列記すると、ホルターネック・ひも結び・ダブルストラップ・ ロングキャミ ・ブラキャミ・カップつき・胸二重 などがあります。

ホルターネックとは胸口についた左右のストラップを首の後ろにまわして結ぶタイプのものです。これに対して前後のストラップが別々になっていて、前や肩口で結ぶタイプのものを「ひも結びキャミ」といいます。ダブルストラップ の場合、装飾性を重んじたタイプでふた組のストラップを装備しています。ロングキャミとは着丈が長めのキャミソールのことで、スリップのことも ロングキャミソール と言ってしまう場合があります。ブラジャーの機能を持たせたキャミソールを「 ブラキャミ 」といいます。これによって、肩のストラップの数が減りすっきりとしています。胸部の加工で機能のバリエーションが増えていくのです。

スポーツブラ などの機能をもたせるために胸部をカップ成型したのが「 カップつきキャミ 」です。また、「 胸二重キャミ 」とは、クッション性のある素材で胸部を二重にし、ハーフトップの機能をあわせ持たせており、これはジュニア用となります。

上着としてのキャミソールと作り方

キャミソール はおもに、上半身に着用する 女性用 の 下着 であると同時に 上着 (上衣)でもあるのです。

本来は下着であったものが、 下着 風のルックが流行を極めたため、これを経て後にアウター化(上着化)し、上着としても世の中に認知されるようになりました。
上着(アウター)としての キャミソール はカットソーまたはドレスとして区分されています。

フォーマルなドレスとしての キャミソール の素材にはオーガンジー・サテン・シャンタン等が使われます。

カットソーに区分される キャミソール の場合、これはカジュアルな仕様となっていて、スラブ・ストレッチ・シャーリングなどの加工とアレンジがなされています。

キャミソール 作り方

キャミソールは前述のように分類も呼び方も、そして下着か上着かもあいまいな存在です。それだけに着用の自由度も幅広く、いっそ手作りで自作のキャミに挑戦してみるのも良いでしょう。キャミソールの作り方も様々でお裁縫の経験が必要ですが、これを機会に取り組んでみては?やがてはチュニックやワンピの手作り・自作にまで及ぶことも可能なので、カジュアルは自分でという域に達することもできるわけです。

スポンサーリンク

神姫PROJECT R

神姫PROJECT R

  • このエントリーをはてなブックマークに追加