ランジェリー画像での着こなしと魅惑

ランジェリーの着用は、ランジェリー画像というイメージを非日常に持ち込む行為と言えるのでは。変化の少ない日々の生活に刺激を与え、魅惑を持ち込む行為でもあります。普段着用しないランジェリーを着る人には、鮮烈な刺激が待っていることでしょう。また、それを目にした親しい男性は魅惑されてしまうでしょう。

ランジェリーを着た女性自身が刺激を受けながら、心身共に大胆に変身してこそ、それを目にした男性にも大いなる刺激と魅惑がもたらされます。いっそ、この際、殿方にランジェリーの画像から選んでもらってしまう!というのも一つのテクニックではないでしょうか。ランジェリーを着用するにあたって大切なことは、自分自身で決め付けないことではないかとも思います。

スポンサーリンク

神姫PROJECT R

神姫PROJECT R

ランジェリーの着こなしの基本

女性の可能性は無限であるとまず信じましょう。そして、大胆に画像から、ランジェリーをチョイスするのです。その画像をわがものとする冒険心がまずはとても大切。しかし、ランジェリーには、数々の色・形・デザインが存在し、その画像が氾濫しきっています。ここでは、全てを語り尽くせないので、まずは「着こなしの基本」を以下にお示しします。

ランジェリーと体型別ファンデーションの使い方

ひとことにランジェリーと言って販売されている現状ですが、厳密にはまずファンデーションとランジェリーに分けられることを知るべきです。

ガードルやブラジャー・ボディースーツ等、体形の補正や支持に用いられる下着具は「ファンデーション」と呼ばれます。そして、季節による寒暖の差を和らげ、発汗の吸収をするなど、日常行動に便宜を与える見えないところでの下着(アンダーウェア)が「ランジェリー」です。

ランジェリーの代表でもあるスリップは、アウター(上着)の脱着時、そのすべりを良くする機能があり、名称自体が機能を併せ持ったアイテムと言えましょう。ファンデーションとランジェリーは各自の体型に合わせて用いるべきです。以下、体型別に、その用い方を見てみましょう。

上・下半身のバランスが良くウェストがくびれている人の体型は「X型」です。この場合、サイズが正しいものかどうかが重要な決め手となります。体型維持を中心に考慮します。

ヒップの大きい人は上半身が小さくみえます。この体型は「A型」です。バストのボリュームアップに力を入れると共に、ガードルを用いてヒップを整えることが重要です。

バストが豊満でこれに比べてヒップやウェストが貧弱な体型は「V型」です。バストはブラジャーでしっかり整えること。そして、ヒップアップのためにガードルを用います。

太めでも細身でも、凹凸のない体型は「I型」です。まずはヒップとバストのボリュームアップを図ります。特に太めの人の場合は、これに加えてウェスト引き締めることが重要です。

ランジェリーとファンデーションの役割

ファンデーション

  • ブラジャー:バストアップが目的。状況でバストを大きく、反対に小さく見せる為に用います。
  • ガードル:おなかとお尻を美しく見せ、ヒップアップと腰痛防止にも効果。
  • ボディスーツ:ガードルとブラジャー両方の機能を持ち、バストアップとヒップアップが図れます。
  • スリーインワン :ブラジャーとウエストニッパーと ガーターベルト が一体になったもの。ヒップとバストのアップに加えウエストラインをすっきりと。形状から肩出しルックスにも対応しウェディングドレスのインナーに最適。

ランジェリー

  • スリップ:ランジェリーの中で最もポピュラーなワンピースの下着。着丈の長短で多くのものがあります。スリップとは読んでじの如く、上着のすべりをよくする機能のこと。
  • ブラスリップ:ブラジャーとスリップが一つになったもの。ストラップ(肩ひも)の取れるタイプもありウェディングドレスのインナーとしても最適。
  • キャミソール:スリップの上半身部分のみもの。アウター(上着)として着ることも多く、バリエーションが広がります。
  • テディ:ボディースーツと同様のアイテムで、袖の付いている物もあります。
  • ぺチコート:アンダースカートです。アウタースカートの透け防止に加えて、歩行のし易さに貢献します。
  • タップパンツ :トランクスのような幅広のパンツの総称です。ペチコート的に用いて足の動きをスムーズにします。
スポンサーリンク

神姫PROJECT R

神姫PROJECT R

  • このエントリーをはてなブックマークに追加