セーラー服のスリップ画像からガードル・クロッチオープンショーツへ

スリップの需要が少なくなっているとはいわれますが、下着画像への人気の高さの中、スリップ画像への関心は、女性がスリップに感じる利便性と共に消えることはないでしょう。実にスリップ(ランジェリー)は下着文化を支える存在なのです。

スリップはランジェリーの一種でありながら、現在の大人が子供の頃にも目にしている息の永いアイテムです。読んで字のごとく、上着の着脱をスリップの生地上を滑らせてスムーズに、また、セーラー服の「腰部の露出」や上着を通してのブラジャーのストラップやその他下着類の透け感を軽減。さらにはセーラー服のスカートの捌きの良さにも貢献しています。

スリップは実にシンプルな形状でありながら、魅惑のランジェリーとして、また、実用下着として年ごとに改良を加えられつつ、女性下着文化の一翼を担っているのです。

スポンサーリンク

神姫PROJECT R

神姫PROJECT R

ガードルや補正下着に至るセーラー服世代

セーラー服を卒業した彼女たちはいずれ結婚・出産を経験して年を重ね、体型補正のための補正下着を使うようになります。いわゆるガードルやボディスーツです。ボディスーツやガードルで体型を整えることを知った彼女たちはその上でキャミソールやブラスリップにも関心が及び、やがて、各種ブラショーツのセレクトにまで進んでいきます。また、下着画像商品をネットの販売サイトであれやこれやと選択するようにもなることでしょう。

クロッチオープンショーツに至るセーラー服世代

また、人によっては親しい男性との夜を演出するために、クロッチショーツ、クロッチオープンショーツにまでその関心がび、自身の下着画像を男性諸氏の脳裏に焼き付けるようとするに至るのです。こういった女性の魅惑の変貌の過程も下着文化の一面であり、下着画像人気を支える一つの側面と言えましょう。

スポンサーリンク

神姫PROJECT R

神姫PROJECT R

  • このエントリーをはてなブックマークに追加